読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Facebookアプリの開発者登録する方法と、Facebookのウォールを操作するGraph API Explorerに触ってみる。

Facebookアプリ
<スポンサーリンク>

Facebookに開発者登録する方法

https://developers.facebook.com/?ref=pf
で右上の「Register Now」をクリックする。
Accept the termsに同意して、開発者としての情報を登録する。
これだけでFacebookのアプリケーション開発者としての登録は完了する。
あとは、「新しいアプリを作成」をクリックするとアプリを作成することができる。

Graph API Explorerとは

Graph API Explorerを使えば、Facebook上の様々なデータにアクセスできる。
自分のデータ、友達のデータ、写真の情報や投稿内容も、指定のURLにGETあるいはPOSTリクエストを投げることで取得することができる。
ウォールに投稿することも、イイネ!することもできる。

Facebookアプリで、ニュースフィードの内容を取得するテスト

「Tools」→「Graph API Explorer」をクリック
「アクセストークンを取得」をクリックして→「Extended Permissions」をクリック。
チェックボックスで、許可する操作を選択する。ここでは「read_stream」にチェックを入れる。
で、Get Access Tokenをクリック。
そうすると、「Graph API Explorerが公開プロフィール、友達リスト、ニュースフィードへのアクセスを求めています。」というメッセージが出るので、「OK」を押す。
そうすると、ニュースフィードにアクセスできるようになる。

たとえば、URLに「→/me/posts」と入力すると、自分のタイムラインで投稿した内容がJSONで取得できる。
この取得できた結果を見ると、Facebookのコメントにこういうデータがあるんだな〜ってのがわかってすごく楽しい。
たとえば、イイネした人はこんな感じでJSONのデータになっている。

"likes": {
        "data": [
          {
            "name": "岩崎京也", 
            "id": "XXXXXXXX"
          }, 
          {
            "name": "藤沢数希", 
            "id": "100YYYMMMWWWW"
          }, 

参考にした本

10日でおぼえるFacebookアプリ開発入門教室 (10日でおぼえるシリーズ)

10日でおぼえるFacebookアプリ開発入門教室 (10日でおぼえるシリーズ)