読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Google Chromeでユーザエージェントを切り替える(変更・偽装ともいう)方法とChromeでエミュレーションする方法

アプリ開発
<スポンサーリンク>

jQuery Mobileの大きな特徴として、ひとつのHTMLドキュメントに複数のWebページを記述できるという点がある。
Webブラウザに表示されるページにはui^page-activeクラスが付与され、それをCSSのdisplayプロパティで管理することで、ページの表示/非表示をコントロースする。

Google Chromeでローカルファイルを読み込めるようにするオプション。

アイコンを右クリック→プロパティで「リンク先」を編集する。

"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" 

を、

"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --allow-file-access-from-files

というように、--allow-file-access-from-filesを追記する。

Webブラウザをはじめとする、Webサーバにアクセスするプログラムの総称をユーザエージェント(User Agent)と呼ぶ。
Webサーバ側では、ユーザーエージェントを判断して、PC用、スマホ用のページを見せたりする。

Google Chromeでユーザエージェントを切り替える(変更する)

Chromeでユーザーエージェントを偽装するのは簡単で、
1.F12でデベロッパーツールを開く
2.一番右下にある歯車をクリック
3.出てきた画面の左側「Overrides」をクリック
4.User Agentにチェックを入れて、設定するユーザーエージェントを設定する。

また、この歯車のところのDevices metricsをチェックすると、スクリーンの大きさなどを調整できる。
Emulate touch eventsをチェックすると、スマホにおけるタッチやフリックといったイベントをエミュレートすることができる。

参考

かんたん7ステップ きほんからわかる jQuery Mobileコーディング

かんたん7ステップ きほんからわかる jQuery Mobileコーディング