感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

基礎の復習

スポンサーリンク

Rubyでマルチバイトを含んだコードを書くとき

Rubyはコードの先頭にエンコーディング情報を指定することができる。
Rubyスクリプトのエンコードをスクリプトエンコーディングという。

# coding: utf-8

Rubyの変数

  • ローカル変数

Rubyのローカル変数は先頭が小文字のアルファベットかアンダースコアで始まる必要がある。

localhoge = 'lhoge'
  • グローバル変数

グローバル変数は広いスコープを持つ。
グローバル変数名は$から始める必要がある。

$grobal_hoge = 'ghoge'
  • 定数

変化しない値を扱う時は定数を用いる。
定数名は大文字アルファベットで始める。

HOGE = 'hoge'
  • インスタンス変数

インスタンスの中でだけ参照できる変数をインスタンス変数という。
インスタンス変数は「@」から始める。
外部からインスタンス変数にアクセスするには、アクセッサメソッドが必要となる。
アクセッサメソッドは「attr_accessor :インスタンス変数名」で定義する。

  • クラス変数

そのインスタンスをスコープとした変数をクラス変数という。
Javaでいうstatic変数のようなもの。
クラス変数は「@@classvar」のように、@2つからはじまる名前で表記する。
何度クラスをnewしても、そのインスタンス間でクラス変数は共有される。

RubyのNull

Rubyではnullではなく、nilにする。

Rubyのif文

if n.zero?
	puts '0!'
elsif n.even?
	puts '偶数!'
elsif n.odd?
	puts '奇数!'
else
	put '不明'
end

Rubyのthis

Javaとかでは、自分自身のインスタンスをthisで表すが,Rubyでは同じものをselfと表す。

Rubyの自己代入

Rubyではa++みたいな書き方はできない。
だから、Rubyでインクリメントしたいときは、

a = 1
a += 1

という書き方をする。

参考文献

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版