感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Pythonでfor文を使って繰り返す

<スポンサーリンク>

Pythonのfor文

range()を使って、ループを回す。
range()関数に必須の引数は終了までの回数。
最もシンプルな使い方は以下。

for item in range(10):
    print(item)

結果はこうなる。

1
2
3
(略)
7
8
9

次に、開始の数値を指定してみる。

range([開始],終了,[ステップ])

という関数なので、開始を指定することで、その指定した数からカウントを開始できる。

for item in range(5,10):
    print(item)

結果

5
6
7
8
9

最後に、Javaとかで

for (int i=0;i < 10;i++)

とやるような、最後の「i++」の部分。
そこでいくつずつ足していくかを指定する例が以下。第三引数にステップ数を指定した。

for item in range(0,10,2):
    print(item)

結果はこうなる。

0
2
4
6
8

for文のループを途中で終了させたいとき

ループを途中で終了したい時はbreak文を使う。
よくif文と組み合わせて、ある条件を満たした場合はbreakなんてことをやったりする。

break文はループのブロックにあるその後のコードは実行せずに、ループを抜けてブロックの直後からコードを実行する。

一方で、continue文は、ループブロックの先頭まで処理を戻す。
ループを続けるけれど、そのときはfor文の最後までいかずに、先頭に戻したい時はcontinue文を使う。

breakは抜け。continueは先頭に戻ると覚えておく。

参考文献

みんなのPython 第3版

みんなのPython 第3版