読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

PythonをWIndowsにインストールしたり、Pythonの特徴について。

<スポンサーリンク>

Pythonの特徴

Pythonの文法はシンプルで覚えやすく作られている
予約後を見ても、Python3.3はたったの33語。
Ruby1.9で41、Perl5.10はなんと約220語もある。プログラムを書く上の約束事もシンプルだ。

Pythonは身近な場所でも使われている。
DropboxPythonで作られている。
Pinterestの開発もPythonが使われている。YouTubePythonを使っている。GooglePythonを積極的に活用している企業の1つだ。
Pythonは標準ライブラリが充実しているため、簡単にプログラムを書くことができる。

  • Pythonは将来性がある。

Pythonは誰が書いても同じような書き方になるように工夫されている。
プログラムの書き方に曖昧さを許さないようになっているからだ。つまり、ネット上の資産を活用しやすい。
プログラム自体の可読性も高くなる。
また、GoogleやMicrosoftをはじめとした欧米の成長企業の多くがPythonを使っていることも、Pythonの将来性の高さを表している。

PythonをWindowsにインストールする方法

以下のページの「python-3.3.0.amd64.msi」をダウンロードする(64bit PC)
Python標準リリース」
http://www.python.jp/Zope/Zope/download/pythoncore
インストーラをダウンロードして「Next」を押していくだけ。

インストールしたデフォルトでは、コマンドプロンプトpythonって打っても

C:\coding\python>python fizzbuzz.py
'python' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

って出るので、システムの環境変数
PYTHON_HOME=C:\Python33\とか設定して、Pathに;%PYTHON_HOME%を追加しておくといいかも!
そうすると、

C:\coding\python>python -V
Python 3.3.0

と、pythonコマンドが通じるようになる。

PythonLinuxにインストールする方法

Linuxでは標準ですでにPythonがインストールされている。だた、そのバージョンが2であることが多い。
Pythonのバージョンを調べるには、

$ python -V
Python 2.6.5

のようなコマンドを入力する。
Pythonをアップデートするには

$ yum update python

を入力する。

Pythonのプログラムの実行方法

 >python FizzBuzz.py

のようにpythonコマンドの引数に.pyファイルを指定する

FizzBuzz書けるからなんだってんだよ

全然話が変わるけど、JavaBlackさんがとかがよく、FizzBuzz問題ができない奴はプログラマとしてダメだ〜とか書いていて、FizzBuzzまじやべぇんじゃないかと思い、ビビっていた。
あえて目を逸らしていた。
で、よく見てみると、FizzBuzzとは、

1から100までの数をプリントするプログラムを書け。ただし3の倍数のときは数の代わりに「Fizz」と、5の倍数のときは「Buzz」とプリントし、3と5両方の倍数の場合には「FizzBuzz」とプリントすること。

らしい。
え、これだけ・・・?
タイピングも含めて3分で書けるようなコードだよね。これって。まぁ、言語によって文法が違うから、新しく始めた言語なら調べながらやらなきゃいけないかもしれないけれど。

でね。これをできない人を見下してるプログラマーも、できない人と同じくらいレベル低いと思うんだ。
だって、これって、できたからといって、誇れるもんじゃない。
できない人は、そもそもプログラマーじゃないんだから、見下すこと自体が間違いでしょ。

それぞれのフィールドで、価値を生み出せばいい。プログラマーが全てじゃない。

FizzBuzzが〜みたいに強調する人は、逆に勉強不足な人な気がするよ。
簡単な問題出して、できない人を蔑んで悦に入るような気持ち悪さを感じる。
ソートのアルゴリズムが〜とかダイクストラが〜とかだったらまだわかるんだけど。

勉強した本

みんなのPython 第3版

みんなのPython 第3版


すごく親切な入門本。
Pythonはこれが定番の入門書みたい。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【611時間目】
10000時間まで、あと【9389時間