読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Rubyの超基礎的な例外処理のメモ

<スポンサーリンク>

Rubyの例外処理

例外が発生すると、後続の処理は中断されてしまう。
発生した例外が補足されない限り、プログラムは例外メッセージを出力して終了してしまう。

begin
  1 /0
rescue ZeroDivisionError
  puts '例外が発生しました!'
end

puts '例外は補足したので、処理は止まらないよ!'

例外を補足すれば、処理は止まることはない。

例外が発生しました!
例外は補足したので、処理は止まらないよ!

もし例外を補足しなければ・・・

#begin
  1 /0
#rescue ZeroDivisionError
  puts '例外が発生しました!'
#end

puts '例外は補足したので、処理は止まらないよ!'

処理は途中で止まってしまう。

C:/eclipse/pleiades/workspace/rubytest/stack/simple_stack.rb:2:in `/': divided by 0 (ZeroDivisionError)
	from C:/eclipse/pleiades/workspace/rubytest/stack/simple_stack.rb:2