感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

ニトリで買ったでかい机と椅子が届いた。

<スポンサーリンク>

日記

勉強しようと思ったんだけど、今日は朝から仕事で、仕事から帰ったあとは超でかい机を組み立てて疲れ果ててしまった。
2週間前にニトリで購入した作業机が今日届いたのだ。

横幅が1.5メートルくらいあって、会社のデスクよりでかいかも。
やっぱりスペースが広いほうが作業しやすいからね。投資だと思って買った。
椅子もニトリで打ってる限りの一番いい(と思った)やつを買ったんだけど、机と椅子を1人で組み立てるのになんと4時間近くかかった・・・。

めちゃくちゃ疲れた。。。

今日は休んで、明日から頑張ろうかなと思うくらいに、心が折れた。
でかいの買ったはいいものの、すごく重くて、運びながら潰されそうだった。

個人の株式投資の状況(2009年時点)

2009年3月末時点で、家計が保有する株式の残高は79兆6578億円だった。
この残高には孫正義さんや田中良和さんのような個人事業主の出資金が含まれている。
投資対象としての株式だと、50兆2692億円。
っこれは、個人金融資産全体の1410兆4430億円のうち、たったの3.6%に過ぎない。
今はアベノミクスの影響でもうちょっと増えてるかもしれない。

で、これも本に書いてあるように2009年のデータなんだけど、オンライン大手5社の個人の株式売買に占めるシェアは72%になっているらしい。

しかし、オンライン5社が預かっているのは個人全体の株式保有額のうち、たったの10%程度だという。

結論として、ほとんどの個人が保有する株式は昔ながらの証券会社に塩漬けにされていて、デイトレーダーなんかはごく一部の人が、個人の取引額のごく一部の金でやっているものだと言える。

と、ここまで本を読んで、力尽きた。