感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

to不定詞の名詞的用法

スポンサーリンク

to不定詞の名詞的用法

To teach is to learn twice.

の「To teach」が名詞になっている。
このように、SがVすること、という名詞のようにto不定詞を使うことを、「to不定詞の名詞用法」という。

To save lives by creating products that prevent desease is the mission of us.

このTo save livesというのも「S」として使われている。

Remember to go over your paper for spelling errors before you hand it in.

I hope to see you again soon.

I promised to finish the job by Monday and go to see you.

She loves to play soccer.

目的語に動名詞を取ることができる動詞は、toとVingで同じ意味になる。

I like to play basketball.
I like playing basketball.

aimは、「目指す」という意味で用いると自動詞だが、to不定詞を取る場合は他動詞として用いる。
wish,hope,agreeも同じような使い方をする。

We aim to attract a large base of users with the drastic rate reductions.

I hope to be able to get together with you.

I wish to apply for the positon of it.

I agree to contract of marriage to her.
僕は彼女と結婚の契りを結んだ。

to不定詞の否定

to不定詞の否定は、to Vの前にnotを置く。
「not to V」とすればいい。なんかこれはセンター試験でも頻出だったような。

名言たち

昨日から学び続けること。

Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.
The important thing is not to stop questioning.
 --Einstein
 昨日から学び、今日を生き、明日を希望せよ。
 大切なのは、疑問を持ち続けること。それをやめないこと。

シュバイツァーさん。これって会社の嫌われ上司を思い出すよね。

The true worth of a man is not to be found in man himself, but in the colours and textures that come alive in others.
 --Schweitzer
人の価値ってのは、その人自身からは見出すことなんてできないよ。
周りの人の表情とか、雰囲気に中に、その人の価値が浮かび上がってくるんだよ。

セネカの名言は、ネットの世界でこそ噛みしめたい。

It is often better not to see an insult than to avenge it.
 --Seneca
侮辱を受けたら、仕返しするよりも無視したほうがいいよ。