感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

DNSとは何か?

スポンサーリンク

DNSって何?

DNSとは、Domain Name Systemの略である。
DNSは、ドメイン名とIPアドレスを結びつけるための仕組みである。
読み方そのままだけど、Domain Nameが、ドメイン名という意味だ。

たとえば、
http://www.yahoo.co.jp/
というURLがあったら、「www.yahoo.co.jp」の部分がYahooのwebページを提供しているサーバの名前である。
たとえば、ドメイン名からIPアドレスを調べるために、「nslookup」というコマンドを使ってみる。

> nslookup yahoo.co.jp
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
サーバー:  UnKnown
Address:  192.168.1.1

権限のない回答:
名前:    yahoo.co.jp
Addresses:  124.83.187.140
          203.216.243.240

すると、「yahoo.co.jp」のIPアドレスは「124.83.187.140」、「203.216.243.240」であることがわかる。
(環境はWindowsのDOS)
この名前とIPアドレスの対応付けを行うのが、DNSの仕事だ。
ドメイン名からIPアドレスを調べることを「名前解決」という。

メールアドレスの「@」マークの後ろにもドメイン名がある。「softbank.ne.jp」みたいに。
これとメール・サーバを結びつけるのもDNSの役割だ。

ドメインを詳しく見ていく。

http://www.google.co.jp/
というURLを見てみる。

www.google.co.jp
を省略せずにすべて記す書き方をFQDNという。
FQDNとは、Fully Qualified Domain Nameの略で、日本語で言うと完全修飾ドメイン名という。

www.google.co.jpはFQDNだが、「www」という部分はホスト名という。
階層構造の最上位をトップレベルドメインという。

トップレベルドメイン 意味
com 商用
net ネットワーク
org 組織
int 国際機関
edu 教育機関
gov 政府機関
mil 軍事機関
jp 日本
us アメリカ
kr 韓国
cn 中国

jpの1つ下のセカンドレベルドメインは、以下のような意味。

セカンドレベルドメイン名 意味
co 商用
ne ネットワーク
or 組織
ac 研究機関
ed 教育機関
go 政府機関

トップレベルドメイン、すなわち、「http://www.google.co.jp」でいうと、jpの部分が一番上かと思いきや、その上にはさらに「ルートドメイン」というものがある。
本来は「http://www.google.co.jp.」という形がFQDNとなる。

digコマンド

ドメイン名から対応するIPアドレスを調べることを「正引き」、IPアドレスからドメイン名を調べることを「逆引き」という。
Linux上でdigコマンドを打つと、ドメインからIPアドレスを調べることができる。

[sysmgr@localhost ~]$ dig www.nttdata.com 

; <<>> DiG 9.7.0-P2-RedHat-9.7.0-5.P2.el6 <<>> www.nttdata.com
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 49463
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 3, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;www.nttdata.com.		IN	A

;; ANSWER SECTION:
www.nttdata.com.	5	IN	CNAME	www.nttdata.com.edgekey.net.
www.nttdata.com.edgekey.net. 5	IN	CNAME	e6498.g.akamaiedge.net.
e6498.g.akamaiedge.net.	5	IN	A	23.42.52.69

;; Query time: 2355 msec
;; SERVER: 192.168.17.2#53(192.168.17.2)
;; WHEN: Wed Jul 31 05:50:13 2013
;; MSG SIZE  rcvd: 123

勉強した本

改訂新版 BIND9によるDNSサーバ構築 (エッセンシャルソフトウェアガイドブック)

改訂新版 BIND9によるDNSサーバ構築 (エッセンシャルソフトウェアガイドブック)


今日の昼休みにご飯を食べた帰りに、本屋で見つけて購入。
ひと通りDNSサーバ構築に関する本を比較してみたけれど、これが一番良さそうだった。
何がいいかって、「お名前.com」でドメインを取得するところまでもしっかり解説してくれているところ!それが気に入ったから、迷わず購入した。
この先の勉強が楽しみ。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【551時間目】
10000時間まで、あと【9449時間】