感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

ワインの師と、優れたプログラマーの共通点

<スポンサーリンク>

匠なワイン職人と優れたプログラマーの共通点

7月12日(金)の日経流通新聞1面から。
ブドウ生産量と果実酒製造免許場数がそれぞれ首位の山梨県で、ワイン用ブドウの師と仰がれる人物がいる。
彼の名は池川仁。
研究会を含め池川門下生は1000人を上回る。
池川が代表を務めるチーム・キスヴィンが発足した2005年当時は、醸造用ぶどう栽培面積はわずか15アールだった。
それが、今では栽培面積は3.5ヘクタールと23倍まで拡大。
知識を惜しみなく与える理由を尋ねられると、池上はこう答えた。

「地域の先輩方が多くの知識を授けてくれた。それと同じ事をしているだけです」

池川は農業研修生として23歳の若さで渡米し、カリフォルニアに渡り栽培技術を身につけた。
高温多湿の日本の畑では、乾燥気候の欧米の栽培方法を実践してもうまくはいかない。

雨量と気温に応じて枝と房の生育をいかに調整できるかが鍵となる。
池川の工夫により、生育状況を見ながら少しずつ房を間引き。
ブドウ一粒一粒に養分を凝縮させることに成功した。

「3ヘクタールあれば、約1200万の年収となり、新規就農者でも続けられる」

と池川は試算する。

                        • -

以上が日経流通新聞の記事の要約ですが、池川さんと優れたプログラマーに共通する点がいくつかある。
第一に、知識を惜しみなく与える点。
僕が見る限り、優れたプログラマーは皆、教育熱心だ。
学びたいという人に対して、教育を惜しまない。自らの知見を受け渡すことを躊躇わず、積極的に人を育てようとする。

一方で、学ぶ気も無く、丸投げ気質の人には厳しい。

「こうやってみたんですけど、うまくいかなくて、この辺どうしていいかヒントをもらえませんか」

みたいな聞き方をする人、自分でやろうとしている人には労力を惜しまず協力し、育てる。

「こうしたいのでやってください。お願いします」

みたいな奴には非常に冷たい。
話が脱線してしまったが、人に知識を惜しみなく与える点は池川さんとの共通点だと思う。

第二に、学習意欲が非常に高い点。
池川さんは23歳の若さで渡米した。
米国の栽培方法を学ぶために。
これは文章にすると1行だが、簡単にできることではない。

「自分が」日本の農業をなんとかしなければいけないという当事者意識。
なぁなぁで農業をやっている人は絶対に日本の外に出て学ぼうとはしないはずだ。

優れたプログラマーが留学しているとは限らないが、学習意欲の高さは共通するものがある。
新しいことを学び、それを実践で活かす。

試行錯誤を繰り返し、現状維持を否定する点。
それが池川さんと優れたプログラマーに共通する点だ。

スマホアプリウォッチャー

  • 東急百貨店アプリ

東急百貨店のスマホアプリが好評らしい。
2ヵ月強で4400ダウンロードを達成。
年間目標の4割超だ。
このアプリのいいな、と思ったところは、「暗証番号を入力すると1回限り利用できるクーポンを出したり、年代や性別などの属性登録を求めるタイプのクーポンを開発したりしている点。
クーポンを渡されると使わなきゃっていう気になるもんね。
で、ポイントは、「いかに簡単に使えるか」と「いかに『意味ねーじゃん』と思われないか」だと思います。
簡単に使えないと、クーポンもらうのでさえ手間になるし、もらったクーポンがゴミみたいな価値しかなければ、もう二度とやらないって気持ちになるからね。
クーポンとアプリと、リアルな店舗。
この組み合わせで売上を伸ばすっていうのがどんどん広がってきそう。

  • スタディプラス

SNSを通じて勉強を持続させることが狙いのアプリで、勉強を持続させるきっかけとなる。
会員数は15万人超。高校生が5割、社会人が25%、大学生が2割とけっこう幅広い層で使わている。

このアプリの強みは、おそらくだが、会員のロイヤリティが非常に強いことだ。
なぜかというと、受験勉強はそれ自体に強い意志がつきもので、受験勉強と強く結びつけることによって、「勉強前には必ずスタディプラスをチェックする」みたいな行動を促すことができる。
僕個人としては、勉強のモチベーションなんて自分自身で維持するもので、そこを人に頼るのはいかがなものかと思うが、勉強が習慣化されていない人にとって、スタディプラスは良いきっかけになると思う。
人が頑張っているのを見ると自分も頑張ろうと思えるから。試しに自分も入れて、プログラマーを探してみようかな。
3連休みんなリア充写真を投稿しまくって、寂しいからね。勉強してる人いないだろうか。
まぁ、基本的にSNSはそれ自体が学力を高めるわけではないから、SNS自体は勉強にとってプラスにならないってことをどれだけ意識できるかが鍵だと思う。
たまに勉強法を研究して勉強しないアホがいるけれど、この勉強SNSもそうなりがちかな、と。
あと、ついでにLINEを見たりFacebookをやってりしないことも重要。
http://studyplus.jp/

新商品ウォッチャー

  • 寝転がりながら音楽を聞いたり、電話できるようになる枕

僕はよく寝転がって音楽を聞いたり、スマホをいじったりするんだけど、首にかけて、枕のように使えるスピーカーが登場した。
その名も「プリズメイトキュート ヘッドフォン方クッションスピーカー スピッキー」
2980円。

クッション部を枕にすれば寝転びながらでも音楽を鑑賞できるとのこと。
マイクもあって、寝転がりながら電話もできるらしい!
これほしい!!

  • 女性用保湿パジャマ

就寝中の肌と体をいたわる女性用パジャマ「おやすみビューティパジャマ」
レーヨンにスクワラン(保湿成分)をねりこんだ機能素材を使っているらしく。ズボンは腹巻を合体したレギンス風で、腹部から足首までをカバーして体の冷えを防ぐとのこと。

まぁ、いつか誰かにプレゼントに買いたい。