読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Google App Engineのアカウントの登録をして、EclipseのPluginをインストールしてみた。

<スポンサーリンク>

Google App Engineの登録方法

以下にURLで、「使用を開始する」をクリックする。
https://developers.google.com/appengine/?hl=ja

Googleのアカウントでログインすると、
Welcome to Google App Engine
というページに飛ぶ。
そこで、「Create Application」をクリックする。

するとApplication Identifierの登録などを入力して、
Create Applicationをクリックする。

うまくいくと、「Application Registered Successfully」と表示される。

Google Plugin for Eclipseのインストール

環境はEclipse Juno
Eclipseの「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」をクリックする。

http://dl.google.com/eclipse/plugin/4.2

以下をチェックする。
Googleプラグイン Eclipse(required)の下の、Googleプラグイン Eclipse 4.2
SDK Google Appエンジン Java SDK 1.8.1.1
SDK Google Web ツールキット SDK 2.5.1

その後に「次へ」をクリックする。
次へ次へいけば、インストールできる。

Javaのコンパイルバージョンの設定

これは、たとえばJBossにwarをデプロイするときとかもハマったりするんだけど、EclipseのデフォルトのJavaのバージョンをちゃんと実行環境に合わせないといけない。

まず、Eclipseでデフォルトのコンパイルバージョンを指定する場合。
「設定」→「Java」の下に「コンパイラー」というのがあるから、ここの「コンパイル準拠レベル」を変更する。

次にEclipseでランタイムのバージョンを指定する。
同じく「設定」→「Java」→「インストール済みのJRE」で、使いたいJREにチェックを入れる。

読んだ本

作ればわかる!Google App Engine for Javaプログラミング

作ればわかる!Google App Engine for Javaプログラミング


基本的には、こういう作ればわかるスタンスの本が好きだ。
まだ開発環境の設定しかしてないが、こういう環境周りを省略ていないところがいい。
環境周りを省略する10日で〜シリーズはどうしても好きになれない。
余談だが、前書きに人柄が出ていてとても好感が持てた。著者は絶対いい人だと思う。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【506時間目】
10000時間まで、あと【9494時間】