感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

炎上と企業

<スポンサーリンク>

企業とネット社会

ネット上で従業員の発言が企業に思わぬ損害をもたらしかねない、という記事があった。
日立製作所が配るネット利用のガイドラインには「個人的な書き込みでも、ネット上で"炎上"した場合は上司に報告すること」とされている。

炎上はいつ、どこで発火するかわからない。
家入さんのようにフーテンな自由人なら炎上しても傷つくのは自分だけで済むけれど、企業に勤めている人が炎上すると、被害はその企業まで飛び火してしまう。

プライベート設定にしているから大丈夫。とは思うなかれ。
Facebookで増えているように、ダミーアカウントがこっそりフォローしてくるときもある。
友達だと思っているフォロワーが、本物とは限らないのだ(特に写真付きでないFacebookアカウントは極めて怪しい)

かと言って、ネットの利用を制限する企業が出てきたらそれもまた問題だ。
インターネットは禁止します、とかソーシャルメディアは禁止します、みたいな企業があるとかないとかいう話は聞くが、正直そんな会社では働きたくない。

なので、対策としては社員のモラルを教育するしか無いんだろうなぁ。
まぁ常に炎上の火種はどこぞに存在していると思うけれど。

基本方針としては、マイナスとなる情報は発信しないこと。
ネガティブになりがちなネットだからこそ、ポジティブ発言を心がけるようにしなければ。