感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

訪問者の滞在時間を伸ばすという考え方。

スポンサーリンク

企業の合併形態の種類

企業の合併形態には種類がある。
これが全部かはわからないけど、主だったものは3つ。

・垂直型の合併
これは同業の原材料メーカーを買収したり、自分のところの商品を売る小売メーカーを買収したりすることを指す。

・水平型の合併
これは同業他社を買収するケース。同一業種の中で同じ段階の事業を手がける企業同士が合併することを指す。
グリーがDeNAを買収したりしたら、これに当たるね。

・混合型
混合型というのは、異業種の企業を合併する場合。混合型の合併は、英語で言うとconglomerate mergerという。
かつてライブドアが金融系の会社を買収したりしていたのがこれに当たるだろう。

買上金額に影響を与える要素について

こちらは日経流通新聞の記事。
マーケティング 八塩圭子ゼミ、という記事が2面にある。
その中の以下の部分がとても印象に残った。

買い上げ金額(客単価)に影響を与える要素は様々だが、滞在時間 × 立ち寄り率 × 買い上げ率 × 買い上げ個数 × 商品単価という連鎖で示すこともできる

この記事では、「あべのハルカス」にオープンした近鉄百貨店の新本店の話がメインだ。
来店客の滞在時間を長くするために広場やレストラン、料理教室やカルチャー教室など、売り場以外のスペースに工夫を凝らしているという。

この滞在時間を伸ばすことが収益につながる、というのはWebサイトの運営でも言えるのではないだろうか。
パッと見てすぐに人が離れるのではなく。「もっと見たい」と思ってもらうこと。
例えば、皆がZenbackを入れているのもそんな意味があると思う。
滞在時間を伸ばすためには色々とできることはあると思う。

・内容を充実させる
・内容を長くする
・関連する記事を載せる
・訪問者がコンテンツに参加しやすくする
・ビジュアルに訴える
etc...

などなど。
今後Webサイトを作ることになった時は、訪問客の滞在時間を伸ばすにはどうしたらいいかをもっと考えたい。まぁ、当たり前のことなんだけどさ。もっと意識するように。