感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

セマンティックWebのこと。

スポンサーリンク

セマンティックWebとは、コンピュータがHTMLを見て、それがブログの記事の本文なのかタイトルなのか、商品名なのかなどを細かく判別できるようにしようとする動きのこと。
コンピュータが情報を細かく判別できるようになることによって、検索エンジンの処理制度を高めたり、情報の相互利用や再利用が容易になると考えられている。

セマンティックWebを実現するための新しいタグ

タグ 説明
article 独立したコンテンツとして、記事の本文とかタイトルを囲む。
nav ナビゲーションを表現する
aside 補足情報だと知らせる
section 一般的なセクション
hgroup 見出しのグループ
header ヘッダー
footer フッター
figure 図表
figcaption 図表のキャプション
time 日時

(参考書籍:HTML5 & CSS3 ステップアップブック)

Internet Explorer 8の問題に対応

IE8以下はHTML5に未対応で、HTML5の新しいタグを認識できない。
そこで、ライブラリを利用することで、Internet Explorer8以下のブラウザに、HTML5のタグを認識させることができる。

<!--[if lt IE9]>
<script src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script>
<![endif]-->
</head>

sectionタグの使い方

上のheaderとかnav、articleはわかりやすいけど、sectionタグはなんかわかりづらい。
sectionというのは、部分とか断片という意味がある。
articleタグの中にsectionタグを入れて、それぞれのパートが存在することを示す。
よく見出しのタグ(h1,h2,h3)なんかと一緒に使われるみたいです。

参考文献

HTML5 & CSS3ステップアップブック

HTML5 & CSS3ステップアップブック


図が非常に豊富で、言葉の意味も省略すること無く解説してくれる。
HTMLはわかるけど、HTML5に移行するにはどうしたらいいだろう?と考えている人が読むのが適切ではなかろうか。
HTML系の勉強はしばらくこの本を熟読したい。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【466時間目】
10000時間まで、あと【9534時間】