感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

XMLHttpRequestとかXHTMLとか、windowsでtelnetする方法とか。

<スポンサーリンク>

XHTMLとは何か?

XHTMLとは、HTMLに次のルールを設けたもの。
XML名前空間を宣言する
・要素と属性名をすべて小文字で書く
・閉じタグを省略せずに、空要素は空要素タグ(
など)で記述する
・要素を一意に特定する属性はnameではなく、idを使用する。

DOM要素を参照する

要素のElementノードを取得するには次の3つの方法がある。
・Documentノードからたどる
・idを指定して取得する
・要素名を指定して取得する

NodeListのlengthプロパティ

NodeListのlengthプロパティは非常に遅いので、何度も無駄に参照しないようにする。
具体的には、初期化式の中で一度だけ参照するようにする。
これは「JavaScriptパターン」という本でも言及されていた。

var nodes = document.body.childNodes;
for(var i = 0; len = nodes.length; i < len; i++) {
	console.log(i + ' : ' + nodes[i]);
}

UAとは。

UserAgentとは、HTTPリクエストを発行するもの。
基本的にはブラウザだが、そのほかのアプリケーションやAPIもUserAgentという。

XMLHttpRequestの生成

クロスブラウザでXHRインスタンスを生成するJavaScriptのサンプル

var request;
if(window.XMLHttpRequest) {
	requst = new XMLHttpRequest(); //IE7以降 Safari Chromeなど
} else if (window.ActiveXObject) {
	try {
		request = new ActiveXObject('Msxml2.XMLHTTP');
	} catch(e) {
		request = new ActiveXObject('Microsoft.XMLHTTP');
	}
} else {
	alert("サポート外");
}

WindowsでtelnetやFTPを使う方法

コントロールパネル→プログラム→プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化をクリック
それで、telnetクライアントなどにチェックをつける。

XMLHttpRequestの主要プロパティ

プロパティ名 内容
readyState 通信状態
onreadystatechange コールバック関数
status レスポンスのステータスコード
responseText レスポンスの内容
responseXML レスポンスの内容をXMLとして解析した結果
open(method, URL, [asyncFlag], [userName], [password] リクエストの初期化を行う
setRequestHeader(label, value) リクエストヘッダーを設定する
send(content) リクエストを送信する。

・コールバック関数

var request = new XMLHttpRequest();
var text;
request.onreadystatechange = function() {
	if (request.readyState == 4 && request.status == 200) {
		text = request.responseText;
	}
};

勉強した本(参考文献)

Java開発者のための Ajax実践開発入門

Java開発者のための Ajax実践開発入門


Seleniumも含むテスト手法の解説まで踏み込んでいて、かなり期待できる。
今はまだ4章までしか読んでいない。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【437時間目】
10000時間まで、あと【9563時間】