感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

自分が新人だった頃に知っておきたかったweb.xmlの基礎。

スポンサーリンク

自分が新人だった頃。
web.xmlの設定にハマり、ブラウザでサーブレットが表示できないと嘆いていたあの頃。
ネットでいくら検索しても意味がわからず、結局全然うまくいかなかった。
その頃の自分に言いたい。

基礎からやれ、と。

web.xmlの基礎的なこと、まとめ。

配備記述子 web.xmlのまとめ

web.xmlのweb-appタグは手で書くと間違えそうなので、Tomcatのものをパクるといい。

C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\apache-tomcat-6.0.35\conf以下に
web.xmlがあるので、それの以下の部分をコピー&ペーストしよう。
以下のものをコピペして使ってもいい。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/javaee http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd"
    version="2.5">
    <!-- サーブレットのマッピングなど-->
</web-app>

web.xmlのルートタグはweb-appタグである。
web.xml内では大文字・小文字が区別される。

web.xmlサーブレットを登録する方法

サーブレットを登録するには明確なルールがある。

<servlet>
    <servlet-name>サーブレット名</servlet>
    <!-- servlet-classにはパッケージ名を含んだ完全修飾名を記載する -->
    <servlet-class>サーブレットクラス名</servlet-class>
</servlet>

<servlet-mapping>
	<!--ここのservlet-nameは上のサーブレット名と同じにする!-->
    <servlet-name>サーブレット名</servlet-name>
    <url-pattern>マッピングするURLパターン</url-mapping>
</servlet-mapping>

web.xmlにエラーページをマッピングする方法

HTTPステータスコードを指定してエラーページの設定を行う。

<web-app>
    <error-page>
        <error-code>ステータスコード</error-code>
        <location>ファイル名</location>
    </error-page>
</web-app>

・例外クラスによってエラーページを指定する方法

<web-app>
    <error-page>
    	<exception-type>例外クラスの完全修飾名</exception-type>
    	<location>ファイル名</location>
    </error-page>
</web-app>

サーブレットを呼び出すURLの決まり

以下のようなルールに基いてURLが決まる

http://<ホスト名>:<ポート番号>/<コンテキストルート名>/<URLパターン>

コンテキストルートは昨日のブログに書いたから省略。
URLパターンというのは、url-patternタグに書いたものだ。

その他

META-INFディレクトリもブラウザからはアクセスできない。
WEB-INF以下にアクセス出来ないのと同様。

読んだ本

SUN教科書 Webコンポーネントディベロッパ(SJC-WC) 試験番号:310-083

SUN教科書 Webコンポーネントディベロッパ(SJC-WC) 試験番号:310-083


この本は、サーブレット/JSPの基礎固めに最適だと思う。
この本か、「基礎からの〜」で勉強してからじゃないと、ネットで調べても意味不明なはず。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【428時間目】
10000時間まで、あと【9572時間】