感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

JavaScriptとDOM

スポンサーリンク

JavaScriptでDOMを操作する

・id属性でエレメントを特定する。

var idHoge = document.getElementById("Hoge").value;

・ドキュメントのrootエレメントを取得する。HTMLドキュメントのルートエレメントは常にhtmlエレメントとなる。

var htmlElement = document.documentElement;

・ノードを名前で特定する
特定の名前を持つエレメントをすべて取得したいときは、getElementByTagName()を使う。

var allDivs = document.getElementsByTagName("div");
//一番目のpエレメントを返したいとき
var firstPara = document.getElementsByTagName("p")[0];

・新しいノードを作成する
createメソッドを使うことでエレメントやテキストを作成できる。

var myImage = document.createElement("img");
var textElm = document.createTextNode("text is created.");

ブラウザとDOM

ブラウザはHTMLコードをツリーの形に組み立て直す。
DOMというのは、WebブラウザがHTMLページをどう見ているかを表すものだ。

DOM自体はWebブラウザが使うメモリの中に存在している。そのため、ブラウザはDOMを使うのにサーバと通信する必要はない。
ネットワークに接続している必要すらない。

・ノードがテキストなのかエレメントなのか調べる方法
nodeTypeプロパティを見る。

if (someNode.nodeType == Node.ELEMENT_NODE) {
	//エレメントノードに対する処理
} else if (sonNode.nodeType == Node.TEXT_NODE) {
	//テキストノードに対する処理
}

読んだ本

Head Rush Ajax ―学びながら読むAjax入門

Head Rush Ajax ―学びながら読むAjax入門

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【424時間目】
10000時間まで、あと【9576時間】