感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

実名グルメサービルのRettyがかなり便利そうな件。

スポンサーリンク

ビジネス発想源というメルマガがある。
http://www.mag2.com/m/0000134134.html

もうずいぶん前から発想源を購読しているのだけれど、数日前の「一言質問コーナー」において、「新聞を一紙頼むとしたらどの新聞にしますか?」のような質問があった。
それに対する弘中さんの回答が「日経流通新聞」だった。

過去にビジネス発想源では、「非常に良い情報収集の道具」というのがあることを示唆しており、それはどうやら日経新聞ではないことはわかっていたのだが、結局何だったのかがわからなかった。

今回は一言質問コーナーへの回答だったのだけれど、弘中さんが前々から示唆していた「有用な情報源」はもしかして日経流通新聞だったんじゃないかと思い始めた。

なので、さっそく日経流通新聞を頼んで読んでみた。ものは試しだからね。

記事で印象に残った部分をまとめてみる。

レゴクウソウ

1面はレゴの話。レゴは1932年にオーレ・キアク・クリスチャンセン氏が創業。
デンマーク・ビルンに本社を置く。
社員数は1万人で、世界130以上の国・地域でブロック玩具を発売しているらしい。僕も小さい頃はよくレゴで遊んだものだ。

で、そんなレゴのわずか150人の開発部員がひそかに頼りにするのが「レゴクウソウ」というサービスだそうだ。
「レゴクウソウ」でググっても6/5現在2件しかヒットしないけれど・・・
と思ったら、「lego cuusoo」だった。
http://lego.cuusoo.com/

熱心なファンが投稿する企画。それを支持するサポーターが一万人集まればレゴ社が商品化を検討する仕組みらしい。
この無償の企画者達の根底にあるのは「レゴへの愛」なのだろう。
熱心に、好きなアイドルを語るかのように、「こんなレゴ、あったらいいな」が投稿されている。僕には無理だ。

消費者ニーズと企業の開発をつなぐサイト運営を手がけるのがクウソウシステムらしい。
とても面白い。

ウェブサービス

3面。
ポケットコンシェルジュなるサービスがあるようだ。
ググったら「予約が難しいお店の予約が取れるポケットコンシェルジュ」というサイトが出てきた。
https://pocket-concierge.jp/login

ミシュランや食べログで高評価の有名店の空席情報をお届けします。」とのこと。
「予約が取れない!」という利用者側のニーズと、「急なキャンセルで困った!」という店側のニーズをマッチングさせるサービスのようだ。
メールを登録しておくと、キャンセルの情報がタイムリーに手に入り、狙った店を効率的に予約することができるみたいだ。
断定できないのは僕がまだ使っていないからだけど、東京に引っ越した時に使いたい。地方ではあんまり必要ないかも?と思う。
予約が取れないことがほとんどないからね。東京向け。

Retty
http://retty.me/
好みの店の情報を見つけ出すのが困難な人のための「実名グルメサービス」
これはかなり興味がある。
食べログの評価のように偽造されにくいように見える。
Facebookのような実名サービスと組み合わせると非常に信頼性の高い口コミサービスが作れる好例だと思う。

これはすぐにでも使いたい。
「実名SNS × グルメ」だけではなく、「実名SNS × ○○」と考えると、既存のサービスで満たされていないニーズを埋めることができるかもしれない。
実名で書評、とかね。本よりも衣食住や性のように誰もが必ず持っている欲に訴えるものがいいと思うけど。