感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

JavaScript初心者によるNode.js入門

スポンサーリンク

Node.jsのこと

・Node.jsの実行エンジンにはGoogleGoogle Chrome向けに開発した「V8 JavaScript Engine」を採用している。
・Node.jsは2009年にRyan Dahl氏によって開発が始まった。
・Node.jsではリクエスト数が増えても、スレッド数の増大による問題は発生しない。原則として1スレッドですべてのリクエストを処理していく。
・Node.jsを用いると、JavaScriptを記述するだけで高速でスケーラブルなプログラムを書ける。
・Node.jsはソフトウェアスタックは少なくあるべき、という設計思想に基づいている。
・Node.jsはApacheのようなHTTPサーバやTomcatなどを必要としない。それ自体がサーバとして動作する!なんと!

Node.jsをインストールしてみる

Node.jsには安定版(Stable)と開発版(Unstable)の2種類がある。

WindowsにNode.jsをインストールする方法としては、.msi形式のインストーラーおよび実行ファイル単体(.exe)が提供されているので、これを実行するだけでいい。
http://nodejs.org/
このサイトの「INSTALL」を押せば、「node-v0.10.8-x64.msi」がダウンロードされる。
ちなみにLinuxGUIで、ブラウザを使ってこのページを開き、「INSTALL」を押すと、
node-v0.10.8.tar,gzがダウンロードされる。

コマンドラインで

 > node
 > node -v

と書いて実行すればnodeの画面になる。

node -v
でバージョンを表示。

LinuxにNode.jsをインストールしてみる。
環境はVMware Player上のCentOSだ。

以下のサイトから「Linux 64-bit Binary」をダウンロードしてくる。
http://blog.nodejs.org/2012/10/25/node-v0.8.14/

### /usr/local/以下にモジュール移動
# cp -p /home/sysmgr/tmpdir/node-v0.8.14-linux-x64.tar.gz /usr/local/
# tar xzf node-v0.8.14-linux-x64.tar.gz 

### とりあえずNode.jsを使ってみる
# cd /usr/local/node-v0.8.14-linux-x64/bin
# ./node
> 
undefined
> 
undefined
> 

上の例ではただ使ってみただけだけれど、binにPATHを通したりする必要があると思う。
こんな感じだ。

# chown -R sysmgr:sysmgr node-v0.8.14-linux-x64
$ vi .bash_profile
------nodeのパスを追加
PATH=$PATH:$HOME/bin:/usr/local/jdk1.5.0_08/bin:/usr/local/node-v0.8.14-linux-x64/bin
--------------
###.bash_profileの読み込み
$ source .bash_profile 
$ node
> 
undefined
> console.log("hoge");
hoge
undefined
> 

なお、nodeから脱出するにはCtrl+Cを2回押す。

nodeで足し算してみる。

$ node
> 1+2
3

nodeでJavaScriptを実行してみる。
nodeでHello World!を表示してみる。

vi hello.js
----
var text = 'Hello Node!';
console.log(text);

上記のようなテキストを用意して、以下のようにすると、実行できる。

$ node hello.js 
Hello Node!

すごく気軽に実行できる!Nodeいいね!

読んだ本


「はじめての」本と書いてあるけれど、そんなにはじめてっぽくない印象。
説明がけっこうあっさりしていて、ちょっと置いていかれるような印象を受ける。
特に環境構築のあたりがけっこうあっさりしている。
でも、もう少し読むと馴染んでくるかもしれない。
慣れている人には逆に心地よいペースな気がする。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【413時間目】
10000時間まで、あと【9587時間】