感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

PHPの復習の続き。

<スポンサーリンク>

PHPの文字化けの対処法

PHPの出力が文字化けする場合は、基本的にはphp.iniのmbstringの値をいじればいい。
このWebページが非常によくまとまっていた。
http://www.phpbook.jp/install/phpini/index5.html

制御構造

他の言語でよく触れるものは省略。
phpのforeachの構文

foreach (反復可能なデータ構造 as 要素) {
   //処理
}

<?php
$array = array(1,2,3,4,5,);
foreach ($array as $value) {
	echo $value, PHP_EOL;
}

PHP連想配列のキーを取り出す

<?php
$momokuro = array (
	'momota' => 'red',
	'tamai' => 'yellow',
	'ayaka' => 'pink',
	'momoko' => 'green',
	'reni' => 'purple'
);

foreach ($momokuro as $name => $color) {
	echo "$name is $color:",PHP_EOL;
}

PHPでforeach反復時に参照を用いる

foreach (反復可能なデータ構造 as &要素) {
	//処理
}

サンプル

<?php
$momokuro = array (
	'momota' => 'red',
	'tamai' => 'yellow',
	'ayaka' => 'pink',
	'momoko' => 'green',
	'reni' => 'purple'
);

foreach ($momokuro as &$color) {
	$color = 'black';
}

foreach ($momokuro as $name => $color) {
	echo "$name is $color:",PHP_EOL;
}

こうすると、すべてがblackになる。

・requireとrequire_once
require、require_onceは別ファイルに記述されたPHPスクリプトを読み込むための構文のこと。
reqire_onceは一度読み込んだファイルに対して2度読み込まない。

include,include_onceも外部のファイルを読み込むための構文。
require,require_onceとの違いは、ファイルが存在しなかった場合にFatalエラーとはならず、Wariningとして警告が発せられ、実行は継続される点である。

PHPで関数を定義する

サンプル

<?php
function sum($num1, $num2) {
	$num3 = $num1 + $num2;
	return $num3;
}
echo(sum(1,2)); //3が表示される

PHPで関数の引数にデフォルト値を与える。

<?php
function sum($num1, $num2 = 100) {
	$num3 = $num1 + $num2;
	return $num3;
}
echo(sum(1)); //101が表示される

引数にデフォルト値を与えると、その引数を省略して呼び出すことができるようになる。

関数の引数に参照を受け取るときは、&を付ける。
VBAでいうと、ByRefみたいな感じか。

引数を参照で受け取る関数には値を直接渡すことはできず、必ず変数でなければいけない。n

PHPの文字列の連結は「.」で行う。

$name = 'yoko';
$full = 'Kumada' . $name 'san';

===はキャストが行われない厳密な比較。JavaScriptみたいだね。

読んだ本

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【366時間目】
10000時間まで、あと【9634時間】