感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

JBossのサービスなど。

<スポンサーリンク>

JBossのサービス

*-service.xml

という名前のXMLファイルは、JBossサービスの設定をするためのファイル。
MBeanとして実装されたJBossサービスの初期化パラメータを記述する。

mbean:MBeanの設定を記述する。
dependents:このMBeanを実行するために前もって実行されていなければならないMBeanを指定する。

JMX(Java Management Extensions)とは、Javaでネットワーク上のハードやソフトなどの管理リソースを管理・監視するための仕様のこと。
MBeanとは、JXMで定義されているJavaBeanによく似た軽量コンポーネントのこと。
MBeanはオペレーション、属性、イベントから構成される。

JMXにおいて、MBeanを管理するコンポーネントがMBeanServerと呼ばれるサーバである。

MBeanサービス記述子

JBossサーバ上で動くサービスは*-service.xmlというMBeanのデプロイメント記述子で定義される。
「*」の部分はサービス名を表す。
「*-service.xml」はEJB JARファイルと同様にJBossサーバーのdeployディレクトリにコピーするだけでホットデプロイすることが可能である。
depends要素は、依存関係の宣言に使う。
ホットデプロイができる反面、依存モジュールがデプロイされていないとデプロイしてはいけないという制約がある。
その問題を解決するために、dependsで指定されたMBeanがロードされていなければ、JBossサーバがデプロイを待つようにした。

JBossサービス

JBossサーバーにデプロイ可能なサービスのファイルには2つの形態がある。
・MBeanサービス記述子(*-service.xml)
・SARファイル

SARファイル

SAR(Service ARchive)ファイルは、MBeanサービス記述子を含むJARファイルのこと。
SARファイルの*-service.xmlに相当するファイルはMETA-INF/jboss-service.xmlという名前でアーカイブ中に格納する。

MBeanサーバー

MBeanの管理および操作のための機能を提供する。
instantiate:インスタンスの作成
createMBean:MBeanの作成と登録
registerMBean:MBeanServerへのMBeanの登録
invoke:MBeanオペレーションの実行

MBeanServerインターフェースによって、属性名やオペレーション名があらかじめわかっていれば、MBeanを操作できる。

IntelliJ IDEA

この本の中で筆者がおすすめしていたIDE。
Eclipseはまぁいつも使うとして、NetBeansは重くてあまり好きじゃない、
IntelliJ IDEAは軽くなったEclipseというイメージ。遊びで使ってみようと思う。
http://www.jetbrains.com/idea/download/

読んだ本

JBoss入門 オープンソース Java・EJB

JBoss入門 オープンソース Java・EJB

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【314時間目】
10000時間まで、あと【9686時間】