感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

メールサーバの設定のまとめ

<スポンサーリンク>

用語

MUA(Mail User Agent):ユーザーがメールメッセージを作成・編集・整理したり、それを送信・受信したりするプログラムのこと
MSA(Mail Submission Agent):MUAが作成したメールを受け取ってくれる受付窓口として動作するプログラムのこと
MTA(Mail Transfer Agent):メールを受け取った時に、そのメールをどのMTAに送ったらいいかを調べる
MDA(Mail Delivery Agent):ユーザのポストにメールの配信を行うプログラムのこと。
SMTP(Simple Mail Transfer Protocol):MTAが別のMTAにメールを配送する方法。MUAがMSAにメールの配送を依頼する方法。
POP(Post Office Protocol):メールスプールからメールを取り出すときに呼ばれるプロトコル。
IMAP(Internet Message Access Protocol):メールをサーバに置いたまま閲覧したり、サーバ上にメールフォルダを作成するなどの管理機能を提供する。

SMTPコマンド

コマンド 意味
HELO SMTPセッション開始
MAIL FROM: メール発信元の指定(mail)
RCPT TO: メール宛先の指定(receipt)
DATA メール本体の送信開始(data)
QUIT SMTPセッションの終了(quit)

MTAとして、Postfixの導入

Postfixsendmailより昨日は少ないが、設定が容易で安全性が高い。
PostfixはWietse Venema氏によって、sendmailとの置き換えを目的に開発されたMTAである。

PostfixCentOSにデフォルトで、自動的に起動するように設定されている。

[root@localhost conf]# /etc/init.d/postfix status
master (pid  1996) is running...

メールサーバの公開

パケットフィルタリングが行われている場合、外部からのSMTPに関連する通信を許可する必要がある。
TCP25番ポートの通信を許可するようにする。

# vi /etc/sysconfig/iptables
#以下を追記
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 25 -j ACCEPT
#追記後
[root@localhost conf]# service iptables restart
iptables: Flushing firewall rules:                         [  OK  ]
iptables: Setting chains to policy ACCEPT: filter          [  OK  ]
iptables: Unloading modules:                               [  OK  ]
iptables: Applying firewall rules:                         [  OK  ]
iptables: Loading additional modules: nf_conntrack_ftp     [  OK  ]

Postfixの設定

Postfixの設定ファイルは以下にある。

/etc/postfix/main.cf 

・利用するインターフェースの設定

#inet_interfaces = all
#inet_interfaces = $myhostname
#inet_interfaces = $myhostname, localhost
inet_interfaces = localhost

デフォルトではlocalhostになっているため、外部からのメールを受信することができない。

メール配送設定

#外部へのメールを特定のホストへ転送する設定
relayhost = mail.nscg.jp
#メールリレーの制限
mynetworks = 127.0.0.1
#同時接続数の制限
smtpd_client_connection_count_limit = 3
#単位時間内のメール送信数の制限
smtpd_client_message_rate_limit = 10

読んだ本

CentOS 6で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network Server Construction Guide S)

CentOS 6で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network Server Construction Guide S)


この本は本当に最高だ。。
一切説明の省略がない。すべての意味をちゃんと解説している。
分厚いのもうなづける。分厚くても、無駄がない。力作だ。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【293時間目】
10000時間まで、あと【9707時間】