感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

JBoss at workを読んでまとめ_20130426

<スポンサーリンク>

アプリケーションをWARファイルとしてdeployする

WARファイルとは、Web ARchiveの略で、プレゼンテーション層の集まりである。
webアプリーケーションを単一ファイルで簡単にデプロイするためにバンドリングされたものだ。

JBossにwebアプリケーションをdeployするには、WARファイルを$JBOSS_HOME\server\default\deployにコピーするだけでいい。

WARファイルはEJB層や永続化層のコードを含んではいけない。
Enterprise Archive file(EARファイル)はプレゼンテーション層のWARとビジネス層と永続化層のJARをバンドルしたmeta-wrapperである。

デプロイしたwebアプリケーションのURLはWARファイル名と同一である。このURLはコンテキストルートと呼ばれる。

WEB-INFファイルは一般的にブラウザからは見えなくなっている。
だからweb.xmlで定義しなければならない。

jboss-web.xmlはJBoss特有のデプロイメントの設定を行うファイルである。

JSPやHTMLファイルはrootディレクトリに配置する。
classファイルはWEB-INF/classesに配置。
JARファイルはWEB-INF/libに配置
雑多な設定ファイルなどはWEB-INF以下に配置

読んだ本

JBoss at Work: A Practical Guide

JBoss at Work: A Practical Guide

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【287時間目】
10000時間まで、あと【9713時間】