感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

SQL、結合について。

<スポンサーリンク>

ことば

「データ」を永続化して蓄えるのに適しているのがRDBであり、それから「情報」を生成するのに適しているのがSQLなのです。
SQLアンチパターン

表の別名指定

FROM 表名 表別名

例)

SELECT e.empno, e.ename, d.dname, e.deptno
FROM employees e, departments d;

表の結合

◆等価結合の3つの方法
・自然結合
・USING句を使用した結合
・ON句を使用した結合

◆自然結合
自然結合とは、結合する2つの表に共通して存在する列に基いて表を結合する等価結合のこと。
NATURAL JOIN句で前後の表を結合する。
自然結合では、明示的に結合条件を指定する必要はない。
共通するすべての列が結合条件として使用される。
データ型の異なる同名の列があるとエラーになる。
例)

SELECT student_no , student_name, class_name
FROM students NATURAL JOIN classes;

結合する2つの表に共通して存在する列が複数ある場合は、「それらのすべての値が等しいデータのみ」取り出される。

結合列の明示的な指定

結合列を明示的に指定する時は、USING句を使う
例)

SELECT student_no, student_name, class_name
FROM students JOIN classes USING (class_no);

結合列に表接頭辞を使用するとエラーになる。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【277時間目】
10000時間まで、あと【9723時間】