読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

橘玲の資産防衛マニュアルが面白い!

<スポンサーリンク>

読み物としても面白いし、経済の勉強にもなる。
教科書で読んだだけだとなかなか現実世界と結び付けられないから、こういう本と並行して教科書を読むといいかと思った。

ことば

ハイパーインフレとは、国民を犠牲にして国家が借金を精算することなのです。

メモ

・ディマンド・プル・インフレとは
賃金の上昇と需要の伸びをともなうインフレのこと

・コスト・プッシュ・インフレとは
賃金が減る中で生活コストだけが上がっていくインフレのこと

・ブラックスワンとはまれにしか発生しないが、いったん起こるととてつもない変化をもたらすような出来事のこと。
原発事故のようなものを指す。不確実な事象は統計的に把握することができず、原理的に保険が成立しない。

・マクシミン戦略とは
最悪の状況を考え、その中で最善の行動をとろうとすること

・日本国の借金は
1000兆円に達する。毎年50腸炎の借金が増えていっており、2000年時点で500兆だった国の借金はわずか10年で倍に増えた。

・日本国が破綻したときに起こること
①金利の上昇
②円安
③インフレ

・金利とは
待たなくてはいけない時間のコストと、損するかもしれないリスクを金銭に置き換えたもの
金利が低ければ、現在価値は大きくなる。
金利が高ければ、現在価値は小さくなる。

金利が上がれば国債価格は下がる
金利が下がれば国債価格は上がる

国債価格とは金利のことであり、金利とは国債価格のことです。この関係は国債市場では絶対で、例外はありません。

・為替レートとは
異なる通貨の、売り手と買い手が納得する交換比率のこと
通貨が下落すればインフレになる
通貨が上昇すればデフレになる

為替レートに影響を及ぼすのはあくまでも他国のインフレ率との相対的な差である。

★財政危機は国債価格(金利)を見ればわかる★

読んだ本

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル