感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

XMLHttpObjectについて。

スポンサーリンク

XMLHttpRequestとは
JavaScriptからHTTPプロトコルでサーバ通信を行うためのAPI
非同期方式および同期方式の通信形態がある。
レスポンスがwell-formedなXML文書の場合はDOMを用いたアクセスも実現可能。

■同期通信とは
サーバへのリクエスト送信後、サーバからのレスポンス受信が完了するまで、プログラムステップは次に進まない。

■非同期方式とは
サーバへリクエスト送信後、リクエスト送信のプログラムステップはただちに抜ける。
サーバ通信と並行して他のプログラム処理を実行できる。

■XMLHttpObject
IE6では、

xhrObj = new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP");

でXMLHttpObjectが生成される。
その他では標準の

xhrObj = new XMLHttpRequest();

でオブジェクトが生成される。

■XMLHttpObjectのメソッド、プロパティ
・void open(String メソッド, String サーバアドレス, boolean 同期/非同期, String ユーザー名, String パスワード)
メソッド:POSTまたはGET
サーバアドレス:リクエスト送信先のURL
同期/非同期:非同期ではtrue,同期ではfalse

・onreadyStatechangeプロパティ
readyState変更時にコールバック関数を自動起動する

・readyStateプロパティ
リクエストの処理状態を表す
0:UNINITIALIZED
1:LOADING
2:LOADED
3:INTERACTIVE
4:COMPLETED

・statueプロパティ
200:OK
401:Unauthorized
403:forbidden
404:Not Found
500:Internal Server Error

・responseTextプロパティ
リクエストに対する応答をテキスト形式で返す。

・send
リクエストを送信する。リクエストが非同期の場合はリクエスト送信後ただちに処理が戻る。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【238時間目】
10000時間まで、あと【9762時間】