感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Ajaxの基礎の基礎 復習。

<スポンサーリンク>

Ajaxモデルはシングルページ・インターフェースと言われる。
何かというと、Ajaxを使わない場合はいちいち画面遷移が行われてしまうが、Ajaxを利用することで、受信データの表示がリクエスト送信画面上に動的に行われ、画面遷移がないユーザーインターフェースを作ることができるのだ。

こうやって画面遷移が行われないようにすると、HTMLの生成をサーバーから切り離すことができる。
Javaサーブレットなんかでいちいちhtmlを生成しなくてもよくなるのだ。


こんな感じで、Viewをクライアント側に切り離すことができる。
サーバ側で考えることはサーブレットとモデルのBeanのみになる。

他の復習は読むだけだったので、記事的には少なくなってしまった・・・。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【238時間目】
10000時間まで、あと【9762時間】