感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

「偉大なソフトウェアも、同じように、美に対する熱狂的な没頭を必要とする」

<スポンサーリンク>

ことば

見えない細部も、組み合わさることにより見えるようになる。妥協しないことはこの点で重要だ。
すべての見えない細部が組み合わさることにより、まるでほとんど聞こえないか細い声が幾千も合わさってひとつの旋律を歌っているかのように、ある種圧倒される何かが生まれる。
偉大なソフトウェアも、同じように、美に対する熱狂的な没頭を必要とする。
ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

Ajaxの勉強

・セレクトメニューで選んだ値によって、Ajax表示を変化させるサンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<title>セレクトメニュー</title>
<script type="text/javascript" src="js/functions.js"></script>
<script type="text/javascript">
function check() {
	var select = document.getElementById("friends").value;
	document.getElementById("result").innerHTML = "選んだ友達: " + select;
}

function initOnLoad() {
	var observer = document.getElementById("friends");
	setListener(observer, "change", check);
}

setListener(window, "load", initOnLoad);
</script>
</head>
<body>
<h3>セレクトメニューで選択した人を表示する</h3>
<p>
<select id="friends">
	<option value="Sel"><--選択してください--></option>
	<option value="Mizky">Mizky</option>
	<option value="Takaky">Takaky</option>
	<option value="Hagy">Hagy</option>
	<option value="Naoky">Naoky</option>
</select>
</p>
<hr />
<p id="result"></p>
</body>
</html>

・ブラウザに関係なくイベントリスナを設定するJavaScript

function setListener(observer, eventType, callFunc) {
	if (observer.attachEvent) {
		//IE系のブラウザはattachEventでリスナの設定
		observer.attachEvent('on' + eventType, callFunc);
	} else if(observer.addEventListener) {
		//IE以外
		observer.addEventListener(eventType, callFunc, false);
	} else {
		alert("お使いのブラウザはイベントリスナをサポートしていないようです");
		return false;
	}
}

■getElementById
要素ノードの参照

書式 object.getElementById("id属性値")
機能 指定したID名を持つ要素ノードオブジェクトを返す
引数 id属性値
返値 オブジェクト
適用 document

■getElementsByTagName
要素ノードの参照

書式 object.getElementsByTagName("タグ名")
機能 指定したタグ名を持つオブジェクト(要素ノード)を配列形式で返す
引数 タグ名
返値 オブジェクトの参照
適用 document

■innerHTML
getElementByIdで返されたノードに、右辺のテキスト文字列を画面表示する。

構文 object.innerHTML
機能 開始・終了タグに挟まれた部分のHTMLを書き換える。または読み出す
設定 テキストとHTMLのタグの組み合わせで使用する。
document.getElementById("result").innerHTML = text;

読んだ本

Ajaxによる業務アプリケーション開発

Ajaxによる業務アプリケーション開発

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【231時間目】
10000時間まで、あと【9769時間】