感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

RESTとは何か、SOAPとは何か。

スポンサーリンク

ことば

しかし、最近は「オープンソースでどうやって儲けるの?」的な質問は少なくなってきました。
いまやオープンソース・ソフトウェアでお金を稼ぐことは不思議でも何でもなくなったのです。
オープンソースソフトウェアの育て方

Ajaxの勉強

Ajaxの適用によって、UIのビュー機能をブラウザクライアント側に受け持たせることが可能になった。

■リッチクライアントって何?
リッチクライアントとは、高度な表現力と機能性、操作性(Look & Feel)を持つWebアプリケーションのを言う。

SOAPとREST
SOAP APIとは、リクエストおよびレスポンスともにXMLフォーマットのデータで行う形式。SOAPはSimpleObject Access Protocolの略。

REST APIとは、GETまたはPOSTでリクエストを送信し、レスポンスをXMLデータで受け取る形式。

RESTとSOAPを比較すると、大きな相違点はURLをの命名スタイルに現れる。
SOAPのURLは操作と対応づけられるため、URLの命名が動詞的になる。
RESTはURLがリソースに対応づけられるためURLは名詞的になり、動詞は現れない。

RESTにおいては、動詞はHTTPのメソッド(GET,POST)で既に指定されているため、URLに動詞を含める必要性はなくなる。

■RESTの由来
RESTとはRepresentational State Transferの略で、Roy Fieldingが大学院のときに発表した論文内での造語である。

Fieldingは、なぜWebはスケールできたのか?なぜWebはこんなにも皆に使われたのか、という点に思いを馳せた。

そこで結論付けたことは、Webはあるアーキテクチャに従っているから、スケールできたのだとした。
このアーキテクチャのパターンのことをRESTと名付けた。
その辺は以下の本にとても詳しく書いてある。

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

Roy Filedingの論文はこちら。
http://www.ics.uci.edu/~fielding/pubs/dissertation/top.htm
■CORBAって何?
CORBAは「Common Object Request Broker Architecture」の略。各分散システムをアプリケーションレベルで接続・通信(メッセージ交換)可能にするための仕様。

<追記>
RailsのポケットリファレンスにとてもわかりやすいRESTの説明があった。
RailsではRESTfulを推奨していて、それにそった機能設計が為されている。

だから、このような説明のページが設けられていると言ってもいい。
ポケットリファレンス、めっちゃわかりやすい。

RESTfulなインターフェイスとは、RESTの特徴を備えたルートのこと。
REST(REpresentational State Transfer)の世界では、ネットワーク上のコンテンツ(リソース)を一意なURLで表すのが基本。

RESTfulなインターフェイスに沿うことで、一貫性のある、直感的に理解しやすいURLを設計できる。
f:id:sho322:20140308182012j:plain

Ruby on Rails 3 ポケットリファレンス

Ruby on Rails 3 ポケットリファレンス

読んだ本

Ajaxによる業務アプリケーション開発

Ajaxによる業務アプリケーション開発

この本でやっとRESTって何?っていうのがわかった気がする笑。
本屋でたまたま見つけた本で、立ち読みして勉強になりそうだから迷わず購入。
個人的にはAjaxをちゃんとわかっていないとこれからのWebサービスは作れないと思ったので、Ajaxを固めたい。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【224.5時間目】
10000時間まで、あと【9775.5時間】