読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

プロの英語アカウンティング編の勉強のメモ。

<スポンサーリンク>

プロの英語アカウンティング編を読んだ。
会計用語が頻出して、絶対勉強になると思うんだけど、読み進めるにはけっこう根気がいる感じ。
まず会計英単語をちゃんと覚えないと、本文の内容がすっと頭に入ってこない。
ちゃんと訳もあるし、単語の解説も充実しているんだけど、いかんせん初見の単語が多いのでサクサク進めない。
しっかり繰り返し読んで理解するための本だと思う。

プロの英語 アカウンティング(企業会計)編

プロの英語 アカウンティング(企業会計)編

勉強した単語

[useful life]
耐用年数のこと。有形固定資産を減価償却する上で基準となる使用年数。

[salvage value]
残存価額。
有形固定資産の耐用年数が経過したあとでも残ると想定される処分可能価格のこと。

[acquisition]
買収。
被買収会社の議決権付普通株式を50%超取得し、その支配権を獲得すること。
連結財務諸表の作成が義務付けられる。

[adjusting journal entry]
修正仕訳。
ある期間の適正な期間損益を測定するために、実際の現金の流れにかかわらず、その期間のみに発生した収益と費用を形状する。
そのために行うのが修正仕訳。


                                          • -

英語の勉強は【36時間目】
10000時間まであと9964時間。