感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

JavaScriptのオブジェクトの使用方法について復習した。

<スポンサーリンク>

リテラルシンタックスとは

var n = 2;
var lang = 'hoge';

みたいなもの。

オブジェクトシンタックスとは

vr myVar = new Array();

のようにnewを使った方法。

・配列のエレメントへのアクセスは

var people = ['Fred', 'Daphne', 'Velma'];
alert(people[0]);

のように角カッコ([])の中にアクセスしたいアイテムのインデックスを指定する。


配列のエレメントの削除は

delete people[0];

のようにdelete演算子で削除する。

配列にエレメントを追加するのは

var peoples = [];
peoples.push('mizky');
peoples.push('takaky');

のようにpush()メソッドを使う。

JavaScriptではクラスからオブジェクトを作成するのではなく、プロトタイプ(ひながた、モデルになるオブジェクト)を元に取得する。

オブジェクトはプロパティとメソッドから構成される。

JavaScriptのオブジェクトの作成方法もnew演算子リテラルシンタックスを使用する2通りの方法がある。
JavaScriptでは一般的にリテラルシンタックスが好んで使用される。

リテラルシンタックスでオブジェクトを作成する構文はこんな感じ。

var book = {title:'hoge', author:'fuga'};

オブジェクトは複数行に分けるとわかりやすい。

var myComputer = {
	name: 'VAIO',
	age: 1,
	spec: {
		memory : 8,
		model : 'hoge',
		harddisk : 254
	},
}

プロパティへのアクセスは以下のようにやる。

myComputer.name; //VAIO

オブジェクトにプロパティが備わっているかどうかを確認する3つの方法
1.オブジェクト名.プロパティのシンタックスを使う

if (myComputer.name) {

2.in演算子を使う

if ('age' in myComputer) {

3.typeof演算子を使う
※プロパティの型があらかじめわかっていることが前提となる

if (typeof myComputer.age == 'number') {

<参考>

入門 モダンJavaScript

入門 モダンJavaScript

                                                          • -

今回で感謝のプログラミングは【209時間目】
10000時間まで、あと【9791時間】