感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

JBossのデプロイメントについてのまとめ

<スポンサーリンク>

■デプロイとは
WebアプリケーションやEJBファイルを、JBoss ASなどのアプリケーションサーバにコピーして使用できるようにすることをいう。
アプリケーションはWAR(Web ARchive)やEAR(Enterprise ARchive)と呼ばれるアーカイブファイルにパッケージングする。
JBoss ASは、このアーカイブファイルを所定の場所に置くだけですぐに使用できる。
JBoss ASが稼働中でもアーカイブファイルをコピーするだけで使用することができ、これをホットデプロイという。

ホットデプロイ
Jboss ASでは「$JBOSS_HOME/server/<設定セット>/deploy]ディレクトリにおくだけで、アーカイブファイルをすぐに利用できるようになる。
Jboss ASは起動時にdeployディレクトリにあるファイルをデプロイし、その後も定期的にdeployディレクトリをスキャンし、新たなファイルが見つかるとデプロイする。
既にデプロイされたファイルに変更があった場合はそのファイルを再デプロイし、ファイルが削除されているとアプリケーションをアンデプロイする。

■Jboss ASにデプロイ可能なアプリケーション
WAR:Webブラウザから利用するWebアプリケーション
EJB-JAR:Enterprise JavaBeansで作成されたアプリケーション
EAR:WARやEJB-JARモジュールとして含めることができる包括的なアプリケーション
SAR:JBoss ASのJMXコンポーネント(MBeanサービス)

■SAR
SAR(Service ARchive)とは、MBeanと呼ばれるJBoss ASのサービスをパッケージングしたもの。
拡張子(.sar)を持つアーカイブファイルに、JBoss ASにデプロイするサービスを構成するMBeanクラスファイルと、サービス内容を記述したデプロイメントディスクリプタ(jboss-service.xml)を含める。

■WAR
WebブラウザからアクセスするWebアプリケーションは拡張子(.war)を持つWAR(Web ARchive)ファイルにパッケージングする。

参考

JBoss徹底活用ガイド ーJava・オープンソース・JBoss Seam・JBoss AS

JBoss徹底活用ガイド ーJava・オープンソース・JBoss Seam・JBoss AS

                                                          • -

今回で感謝のプログラミングは【193.5時間目】
10000時間まで、あと【9806.5時間】