読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

もっと学ばなければいけないという焦り。

<スポンサーリンク>

今日は午前と午後に英語の勉強を1時間ずつ。

最初は「英語で分かるはじめての財務諸表40日間トレーニング」の勉強。

次は「英語で学ぶMBAベーシックス」の勉強。

NHK CD BOOK 英語で学ぶMBAベーシックス 増補改訂版 (NHK CDブック)

NHK CD BOOK 英語で学ぶMBAベーシックス 増補改訂版 (NHK CDブック)

  • 作者: 藤井正嗣,リチャード・シーハン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る

どちらも素晴らしい本だ。
仮に日本語だけで書いてあったとしてもタメになる。
今日はキャッシュフロー計算書の知識を学ぶことができた。

今日はCDに合わせて音読して、その音読した声をiPhoneのボイスレコーダーに入れて客観的に確認してみた。
ひどい発音だった。
でも、自分がどんな発音をしているのか客観的に把握するのにボイスレコーダーは優れたツールだと思う。

今年に入って、今のところ一度も土日に遊びに行くこともなく勉強を続けている。
それでも僕よりも勉強しまくっている人もいると思うし、会社にいる時間に技術的な経験をそれほど積めるわけではない。
会社で何も学ぶものがないわけではないけれど、やっぱりWeb系の人達の新しい技術にキャッチアップしていく姿と比較すると、少し自分の環境に不安を持ってしまうのも確かだ。

たぶんSIerでは、1980年代から1990年代初頭の技術を中心に製品が組み立てられているように思う。
メインはCOBOLとか。
オブジェクト指向が取り入れられているシステムはかなり少なくなる。
Javaフレームワークなんかを使っていると、「かなり新しい」という部類に入る。

新しければいいってわけではないけれど、不安と焦りと技術への渇望をバネに今日も頑張るしかない。周りに技術者がいないからこそ、自分が優れた技術者になって周りを助けなければ。

でも、技術的なことをやると暇な人扱いされるんだよな・・。
それはひどく苦しいことだ。

                                          • -

今日で英語は【27時間目】
10000時間まで後、9973時間。