感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

【プログラミング165.5時間目】ただの学習記録メモ

スポンサーリンク

JavaScriptのオブジェクトと、Javaのマルチスレッドについて読んだ。
読むだけだと早い。
さくさく進む。でもやっぱり、自分で書かないと身についた気がしない。

なんとなく理解して、「知識」としては身に付くと思う。
でも自分の技としては身に付かない。
「知識」として知っていることと、自分の「技術」として身に付けることは大きな隔たりがあるように思う。
だから例えば、レビューする人が人の話を聞いて、それを頭でわかったつもりになっても、実はその人に技術は身に付いていない。
自分で知識として整理したことを使ってみて、色々と試行錯誤して、繰り返して、やっと自分の技となる。
だから時間がかかるかもしれないけれど、効率が悪いかもしれないけれど、自分で手を動かすことをやめてはいけない。
プログラミングも英語も同じ。
手を動かして書きだしてみること。それを続けることを心がけたい。