感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

【プログラミング161時間目】JavaScriptで時刻を扱う

スポンサーリンク

・厳密等価演算子(===)とは、両者が同じ値を持ちかつ同じ型であった場合にTRUEになる。

・null === undifined //false
・'' === NaN  //false
・1 === true //false

厳密な等価比較を利用するときのルールは、
「変数がundifinedやnull、falseの値を持っていて、falseに見なされる値(つまり、0、null、空のストリング、undefined)でないことを確認したいときに使用する。

JavaScriptのDateオブジェクトは、1970年1月1日午前0時を基準に前後1億日分の日付と時刻を表すことができる。
この「1970年1月1日午前0時とは、コンピューターで共通して使用される基準時で、エポックまたはUnixエポック(Unix時間)と呼ばれる。

・Dateオブジェクトの作成

var today = new Date();

JavaScriptで注意すべきは、1月は0で、2月は1で表すことである。

2013年3月2日を表すDateオブジェクトは以下のように作成する。

var somedate = new Date(2013,2,2);

・1日は86,400,000ミリ秒である。


日付を表示するJavaScript

<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="Shift_JIS">
    <title> 時刻を表す </title>
</head>
<body>
    <p id="output"><br>
    <p id="output2">
    <script src="js/today.js"></script>
</body>
</html>

JavaScriptはこんな感じ。

function init() {
	'use strict'
	//Dateオブジェクトを作成する
	var today = new Date();
	
	var message = 'ただいまの時刻は ' + today.toLocaleDateString(); 
	message += ' ' + today.getHours() + '時' + today.getMinutes() + '分';
	
	var output = document.getElementById('output');
	if (output.textContent !== undefined) {
		output.textContent = message;
	} else {
		output.innerText = message;
	}
	
	//同じようにJSONオブジェクトで日付を出力する
	var today2 = new Date();
	var jsonMessage = today2.toJSON();
	var output2 = document.getElementById('output2');

	if (output2.textContent != undefined) {
		output2.textContent = jsonMessage;
	} else {
		output2.innerText = jsonMessage;
	}
}

window.onload = init;

<参考>

入門 モダンJavaScript

入門 モダンJavaScript