感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

日揮社員の仕事の記事を読んで、サラリーマン金太郎の一節を思い出した。

<スポンサーリンク>

■日揮社員の誇り高き仕事
日経一面、アルジェリア人質事件の記事を見て、サラリーマン金太郎を思い出した。

                                      • -

石油化学製品を生産するプラント建設で日本企業は存在感を高める。
資源国の経済成長を日本勢のお家芸が支えている。
その勤務環境は過酷だ。
原油や天然ガスの産地は多湿のジャングルや炎熱の砂漠にならざるを得ない。
日揮は地元の人間も入らないリビアの砂漠でガス田を開発し、戦争や革命に揺れたイランでは逃げること無くプラント建設を続けた。
資源獲得競争は激しさを増し、産地はより奥地へ、より厳しい場所へと移る。
そうした場所でプラント会社の技術者は日本のものづくりの技術を守ってきた。

                                      • -

なんと誇り高い立派なサラリーマンだろうか。
日揮社員は日本の誇りだ。

サラリーマン金太郎のこんな一節がある。
怠惰な態度を示す外国人社員に対して一喝するシーンだ。
金太郎が言う"日本のサラリーマン"とは

                                                                            • -

俺達の仕事のやり方は日本では当たり前だが
世界へ出た時それは手本となり得る!!

腹の底から今までやって来た事に自信を持て。

日本のサラリーマンの定義とは
自分の損得や欲を第二として

公の利益の為に協力し合い
あらゆる困難を乗り越え
仕事をまっとうする!!

それが日本のサラリーマンだっ!!

                                                                            • -

今回の日揮社員のように、過酷な環境に自ら赴き、
誇りを持って困難を乗り越え、日本のサラリーマンの仕事をまっとうしていたに違いない。
立派な仕事に感銘を受けた。

ありがとう、お疲れ様でした。

サラリーマン金太郎 第2巻

サラリーマン金太郎 第2巻

■2面の本の広告
日経新聞2面の広告にこんな本が載っていた。

                                                              • -

76歳で白髪なし!老眼なし!病院に行ったこともない!
「長生きしたけりゃ肉は食べるな」 

                                                              • -

もしかしたら本当に、若杉さんは白髪もなく病気も老眼もないのかもしれない。
でもそれって本当に、「肉を食べなかったから」なの?この人が特別に頑丈だったからじゃないの?
若杉さんの食事法は万人に当てはまるって証明できるの?

なんて疑問が浮かんだ。
個人的には、肉を全く食わずに得られるものが黒髪と老眼でないこと、なら肉は食って白髪染めの方がいいなぁ。

長生きしたけりゃ肉は食べるな

長生きしたけりゃ肉は食べるな

■地方公務員の給与の減額について
新藤義孝総務相が、2013年度の地方公務員の給与を7月から減額するように求めたそうだ。

地方公務員給与の引き下げの声が上がると、世間ではよく「公務員はもらいすぎだ」「ろくに仕事もしないくせに」
という声が上がる。
でも、この「"公務員が"ろくに仕事をしていない」論調に疑問を覚える。
たしかに、競争環境にない組織は堕落する。競争なくして組織のサービスの工場はありえないだろう。
ただし、「公務員」が仕事をしないわけではない、仕事をしない公務員がいるだけで、それは民間企業でも同じだ。
頑張っている人も、公の利益のために真剣に頭を絞っている人もたくさんいるのだ。
そういう人達の志までも奪いとってしまうような、非情な批判はやめた方がいいと思っている。

話は変わるけど、環境省やその他なんとか省に友達がいるんだけど、官僚の残業は本当にヤバそう。
毎日2時〜3時まで働いて、窓には自殺防止の柵があったりするらしい。

そんだけ残業がかさむほどの業務量なのか、とびっくりし、すごいなぁと尊敬し、
でも絶対無駄があるんだろうな、とも思う。

無駄な会議とか、無駄なメールのやり取りがなくなれば絶対残業減ると思うんだけど。
大きな組織ほど無駄な会議やメールというコミュニケーションによる無駄な時間が発生する。

■新規国債42.8兆円
新規国債発行額は42.8兆円とし、今年度当初予算から1.4兆円ほど減らす。
来年度の税収は43.1兆円を見込み、国債発行が税収を上回る「逆転現象」を4年ぶりに解消する。
麻生太郎財務相は国債依存度が高い状態を「異常事態」と位置づけ、解消を指示していた。

自民党政権はバラマキまくっている印象があったけど、それでも民主党よりはましだったのか。
民主党の連中は「コンクリートから人へ」などと言っていたけれど、何に予算を使ったんだろう?
個人的には野田首相は立派な決断をした人だと思うんだけど、鳩山、管はダメすぎた。
こういうのを選んでしまった反省から、国民は学んだ。代償は大きかったけれど、失敗することで人は成長する。
国民も成長した。
しっかり政治を監視して、民主主義を成熟させなくてはならない。

麻生太郎財務相が「一蹴した」という記事を見ると痛快な気持ちになる。
強いリーダーシップをとっている姿勢が見える。

■サイゼリヤ、出店100店
村上龍も「本場と変わらないクオリティ」と絶賛していたサイゼリヤのパルマ風スパゲッティ。
たしかにうまい。ピエトロには及ばないが、コストパフォーマンスでは抜群だ。
サイゼリヤの売上高経常利益率は10.1%と外食産業の中では際立っている。

逃げる中高年、欲望のない若者たち

逃げる中高年、欲望のない若者たち