読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

yum、rpm、sshのハイブリッド暗号方式のまとめ

<スポンサーリンク>

Telnetは平文でデータを送るため、用途はかなり限定される。
通信路の安全が保障される場合などに限定されて使われる。

インターネットを経由したりリモートログインについては、SSH(Secure SHell。
)を利用する。

Telnetの標準のポート番号は23
sshの標準のポート番号は22

通信路を暗号化したSSHによる接続を行うにはsshコマンドを使う。

ssh [オプション] [ユーザ名@]接続先のIPアドレスまたはドメイン名

■SSHは「ハイブリッド暗号方式」
①接続先のサーバーが事前に公開鍵と秘密鍵を作成する

②接続元が公開鍵を接続先から入手する

③接続元が共通鍵を作成する

④接続元が、公開鍵を使って③で作った共通鍵を暗号化する

⑤接続元が共通鍵を使ってデータを暗号化する

⑥暗号化された情報をサーバに送信する

⑦サーバーが持っている秘密鍵を使って共通鍵を復号化する

⑧共通鍵を使ってデータを復号化する。

これによるメリットは、付加が大きい公開鍵暗号方式で複合する対象を「共通鍵」にすることで、
処理負荷を抑える。

データ量が多い「データ」の部分は処理負荷の低い共通鍵で複合する。

そうすることで、全体の負荷を抑えることができる。

ハイブリッド暗号方式はSSH以外にもSSL(Secure Socket Layer)やhttps sftpなどでも使われている


■パッケージ管理システム
RPM(Redhat Package Manager)形式 RHEL,CentOS Fedora,Turbolinux,SuSE Linux,VineLinexなどで利用される。

deb形式 DEbian GNU/Linuxを中心に採用されている。


yum(Yellow dog Updater, Modified) RHEL,CentOS,Fedoraなど、現在のRPM系パッケージ管理システムの主流。

キーワードに沿ってパッケージを検索する

yum list | grep 検索文字列
apt-cache [option] search 検索文字列

yum listを実行すると全データが出力される。
aptはパッケージ名と説明が順に出力される。

yum -h
apt-cache -h
でヘルプを参照できる。


・パッケージの導入

yum [option] install パッケージ名
apt-get [option] install パッケージ名

sudo yum install lynx

・パッケージの更新(update)

yum [option] update
apt-get [option] upgrade

・パッケージの削除

yum [option] remove パッケージ名
apt-get [option] remove パッケージ名

基礎からのLinux 基礎からのシリーズ (プログラマの種シリーズ)

基礎からのLinux 基礎からのシリーズ (プログラマの種シリーズ)