感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

【新聞 6時間目】今日の日経新聞。ヤマダ電機が即日発送とか。でもそんなの求めてないよ。

<スポンサーリンク>

トヨタ自動車の「中興の祖」と呼ばれる石田退三氏。
「自分の城は自分で守れ」「無駄な金はびた一文出さぬ」
と徹底したコスト削減を行ったが、企業の成長のためにドンとお金を出すことも忘れなかった。。

現在の所得税の最高税率は40%。最高税率を45%に上げることに合意した。

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドの2012年4〜12月期の連結業績は、営業利益が前年同期比3割増の720億円程度だった。

NTTドコモは今春までに1万円程度の格安タブレットを発売する。

ヤマダ電機が家電の即日発送を実施するという。
発送を行った上で、発送先で欲しい家電のニーズを探り次の購買につなげるという。
アマゾンに対抗しているようだが、ヤマダさんは何もわかっていない。

そもそも品揃えでまるでアマゾンに勝てていないくせに、何を対抗しようというのだ。
ネットでモノを買う人間は、欲しいものはネットで自分で見つけるし、
いちいち商品を配達されるたびに、「家に足りないものはないですか」などと話しかけられるとたまったものではない。

「実商品に触れられる」という点こそ、アマゾンにない強みなことは百も承知だろう。
既存の店に足を運んでくれるお客さんが、商品を見ていて「欲しい」と思えるように見せ方を工夫したりできないものか。

味気なく商品を陳列しても、アマゾンで写真を見るのと何も変わらない。

こないだ電気スタンドが壊れたのでビックカメラに買いに行ったら、品揃えが悪すぎた。
電気スタンドを売るにしても、白い棚にスタンドを並べるだけじゃなくて、実際に机の上にスタンドを置いて明るさを確かめられるように陳列を工夫できないものか。
白い台にたくさん並べられても、どれくらい実際に見やすいかわからないじゃないか。

結局アマゾンで10倍近くの品揃えがあり、そっちで買ってしまった。

このとき僕は家電の終わりを実感したものだ。