読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

【プログラミング 21時間目】XMLの概要について

<スポンサーリンク>

ついでにXMLの勉強を進める。
JavaGUIの勉強ができなかったのが悔やまれる。


XMLの利点
テキストエディタで簡単に読み書きできる
・人間が理解しやすいタグをつけることができる

XML宣言

<?xml version="バージョン" encoding="文字コード" ?>

・要素とは?

<> と </>でかこまれた部分のこと。このデータの単位を要素(element)という
<と>で囲まれた部分は要素名と呼ばれている。
<name>sho</name>なら、「name」が要素名である。
タグで囲まれたデータを要素の内容(content)と呼ぶ。

XMLは要素名を自由に決めることができる。
・要素の中にはほかの要素を含めることができる

<woman>
   <name>hoge</name>
   <face>busu</face>
   <mune>dekai</mune>
</woman>

上記のXMLを見ると、「woman」はルート要素である。
ルート要素の中にname要素があり、face要素があり・・・と階層構造になっている。

このような階層構造を「木構造」と呼ぶ。

そして、要素の中にあるhogeとかbusuとかdekaiなんていうのは、「テキスト」という。

hogeテキストの親はname

busuテキストの親はface

muneテキストの親はmune要素である。

nameとfaceとmuneは「兄弟」関係にある。

XMLを理解する上で、親、兄弟の考え方は重要である。

・属性
属性とは、要素に付属するデータのことである。

<要素名 属性名1="属性値1" 属性値2="属性値2"・・・>内容</要素名>
<car id="1001" country="日本">のような感じ

どのデータを要素で表すか、属性で表すかは一概には言えない。
どちらで表しても正しい。

実体参照とは
実体参照は、特殊な記号などをあらわす場合に使う書き方のこと。

&→&amp;
<→&lt;
>→&gt;
'→&apos;
"→&quot;

文字参照とは
文字参照とは、文字コードをつかて文字を指定すること。