感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

サーバサイドJavaプログラミングについて。難しい。

スポンサーリンク

サーバサイドのJava。つまりはJavaEEの知識を身に付けなければ大規模なアプリケーションの構築のメインプログラマにはなれない。
その辺は今のプロジェクトはフレームワーク化されていて、意識せずに使っている。

が、わからないけどフレームワークが頑張ってくれるから大丈夫っしょ、なんていうのはとても悔しい。
できるなら自分でフレームワークを作れるようになりたい。

で、フレームワークにしているのは理由があって、やっぱりJavaEEは難しい。
勉強しなきゃいけないことがものすごく多い上にわかりづらい。

とりあえず手を動かそうということで、プロフェッショナルシリーズを読み始めた。
最初は説明に終始しているが、ちょっとわかりづらい。

まるで教科書のような書きぶりで、正しいことを書いているけれど頭に入りづらい記述になっている。
日本史の教科書のようだ。

しかし、一応JNDIやらJMSやらのサンプルが豊富なのはこれだから、まずは早くひと通り手を動かし終わりたい。
個人的には早く「J2EEデザインパターン」を写経したい。

学ぶことの多さに絶望的になることもあるが、一歩一歩積み重ねていくしかない。

30歳までにやり切ることができるか、いや、やりたい。

今日はもう寝る。
合計勉強時間は7時間+ジムの1時間。

自分の将来のために使った時間は8時間とする。
休日は10時間は勉強や身体のために使いたい。